新種の青い蜂が見つかった~ラジオ配信6/7(木)

アフリカのマダカスカルにて、

新種の青蜂(せいぼう)が発見されたそうです。

新種の「青蜂」を発見 マダガスカルに生息

今回の新種は体長は3mmほどと小ぶりですが、

まるで宝石のようなビジュアルです。

 

発見者は九州大学の三田敏治助教で、

来月13日より国立科学博物館で行われる企画展

昆虫展』にて展示公開されるとのこと。

企画展を訪れた人の応募による抽選で、

当選者の名前が新種の名前になるそうです。

これは、種名の付け方としてはかなりユニークであり、

発見者の方の、自然科学に対する教育・普及の熱意を感じます。

 

「青い蜂」自体はすでに世界中に分布が確認されており、

日本にもいるようですが、「青」い自然物というのは、

割と普遍的にあるにも関わらず、

他の色では決して持ちえないような不思議な魅力がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です