日本の季節七十二候にそってお届けする星占い《5/10~5/14の星占い》こよみ星よみ

5/10(木)より、七十二候が移り変わり、

二十四節気『立夏』の次候、

『蚯蚓出(きゅういんいずる/みみずいずる)』となります。

 

暖かくなり、大地からミミズが這い出してくる、という季節です。

ミミズは大地を肥えさせる生き物ですが、

ただいまは、西洋占星術的に捉えると、太陽が

地の星座「牡牛座」の後半の領域を通過していく時期でもあります。

「地」の要素が成熟していく時期とも言えるでしょう。

 

星配置は、5/15(火)の牡牛座新月に向かい、月が

どんどん欠けていきます。

新月の直後には、天王星が牡羊座から牡牛座へ、

7年ぶりにサインを移動します。

これは一種の時代の節目になるはずです。

 

5/10~14の5日間は、そこに向かっての胎動のような、

1つのサイクルの終わりと始まりを感じさせるような時期です。

 

天王星は革新・革命の星ですが、

牡牛座的な領域、所有・価値・才能の生かし方(ひいては仕事の仕方)

に対する考え方などが、ここから少しずつ、

変わっていっくことでしょう。

(すでにそれは始まりつつあります)

 

それをふまえ、これからむこう10年くらいの

自分自身のビジョンに思いを馳せてみてください。

 

次回のこよみ星よみは、5/14~15頃にアップの予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です