日本の季節七十二候にそってお届けする星占い《5/5~5/9の星占い》こよみ星よみ

5/5(金・祝)より、二十四節気『立夏』となります。

ここから暦上、夏になります。

七十二候は立夏の初候、『蛙始鳴(かえるはじめてなく)』です。

 

今回も読んで字のごとく、そこらじゅうでカエルが鳴き始める頃、

ということになります。カエルが鳴くのは、繁殖のためだそうです。

繁殖というキーワードから、なんとなく、

男性性と女性性の統合、というテーマも見えるような気がしました。

 

『立夏』は太陽黄経45°、西洋占星術的に言えば、

太陽が牡牛座の15度に達する日をもって定義されていますが、

15度という角度は、どの星座でも、その星座らしさの在り方に

少し葛藤が生じてくる角度です。

 

この中で、今回の期間中の5/8に、水瓶座18度にて下弦の月を迎えます。

今回の下弦の月は、牡牛座の太陽、蠍座の木星とセットになって、

Tスクエアという葛藤の星配置となります。

 

自分の外側の感覚、意見に目が向き、そこに向けて

自分の意見を解放していく。その結果、もしかしたら

人とぶつかるような体験をする人もいるかもしれません。

 

ですがそれ自体は悪いことではなくて、

自分自身の感覚や、社会的なアイデンティティーを考える上で

非常に大事なきっかけとなるでしょう。

15日の牡牛座新月、16日からの天王星牡牛座時代にも繋がる

大事な流れです。

 

次回のこよみ星よみは、5/10~11頃アップする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です