日本の季節七十二候にそってお届けする星占い《4/25~4/29の星占い》こよみ星よみ

4/25(水)より、七十二候が移り変わり、二十四節気『穀雨』の次候、

『霜止出苗 (しもやんでなえいず)』となります。

霜が降りなくなり、苗も育ってくる・・・そんな季節ですね。

 

星の動きとしては、23日に上弦の月を迎え、ここから30日の蠍座満月に向けて、

月がだんだんと満ちていくタイミングです。

自分自身の、人(特に自分のルーツとなる家族や近しい人)との

精神的つながりの充足を意識していくと良いでしょう。

週末からはGWが始まりますが、親族で親睦を深めると、

自分自身の仕事の充足にもその後、良い影響がありそうです。

 

その他、地球より外側の天体たちの動きが示唆する

社会的影響についてなど、お話してみました。

 

次回のこよみ星よみは、4/29~30頃にアップの予定です。

いまは産後ケア制度の転換期~ラジオ配信4/25(水)

イギリスのキャサリン妃が3人目の赤ちゃんを出産しました。

そこで欧米と日本の産後ケアの違いについてある議論が起きています。

欧米は早くに退院し、社会全体で産後のケアをする体制を整えています。

一方、日本は1週間程度入院したのち家族でケアに臨むケースが多く、里帰り出産なども盛んです。

核家族化が進み、社会で看(み)るのか、家族で看(み)るのか、日本は転換期にあります。

女性の社会での仕事の在り方などが盛んに議論される中、

産後ケア制度も転換の時期にさしかかったといえるのではないでしょうか。