Webラジオ配信 4/2(月)~街というコンテンツと年代レンジ

お花見日和ということで、色々な年代の人たちとお話をする機会がありました。

長くこの街に住んでいると、それなりに無くなるお店や新しい施設など、

街のコンテンツが変遷する様子が見えてきます。

年代レンジとは地質学用語で”その生物種のいた期間・範囲”のことです。

街も同じように、様々な人々やお店やイベントが現れては無くなり、

そのレンジ(範囲)が長いものは世代を超えて話題を共有でき、

短いものは、その短い期間に居合わせたひとたちの限定された話題になります。

お花見の中での話題から、そんな街の移り行くさみしさのようなものを感じました。