Webラジオ配信 2/23(金)~心理的自画像とLGBT

筑波大学の芸術専攻の修了制作展を見てきました。

修了作品のほかにそれぞれ制作者自身の自画像も飾ってあり、

そちらに注目してみると、

もはや一見自画像と認識できないようなものもありました。

自分が何者であるのか探求して苦悩するうちに、

そのような自画像にたどり着くのでしょうか。

LGBTという言葉も、最近は普及してきて

教育現場などでも目にするようになってきたそうです。

自己認識と社会の”人をカテゴライズしようとする風潮”と、

その狭間で自己を見失わないようにするにはどうしたらよいのか?

そんな話をしてみました。